Archive for the ‘ダイエット’ Category

内臓脂肪を減らすダイエット3

a1180_014511_m

内臓脂肪を減らすダイエットをしている人が多いようですが、なぜ内臓脂肪ダイエットが必要なのでしょうか。

 

糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病は内臓脂肪が多いほどリスクが高いと言われています。内臓脂肪がたくさん作る悪玉物質によってインスリンの効果が低下し、糖尿病の原因になります。

 

内臓脂肪が多い体は、血栓をつくりやすくするPAI-1の活動も活発にします。全身に作用すると脳梗塞などの重大な疾患を引き起こすこともあるでしょう。

 

血液中に、内臓脂肪によって平滑筋が多くなると、動脈硬化になりやすくなるという点も指摘されています。これらの物質は皮下脂肪もある程度作っていますが代謝の活発な内臓脂肪の方がよりたくさん生産しています。

 

以上のことから、ダイエットによって内臓脂肪を減らすことが、健康にいいことが指摘されています。

 

内臓脂肪は普通預金のようなものです。皮下脂肪より引き出しやすく減らすことはそれほど困難ではありません。内臓脂肪ダイエットをすることで、健康増進効果が期待できます。

 

とくに男性の肥満は生活習慣病につながりやすく、女性の肥満よりも健康面への悪影響が大きいといいます。肥満体型は気になっているけれど、女性ほど見た目を気にしないという理由でダイエットをしない男性もいます。

 

内臓肥満を解消して健康を目指しましょう。

内臓脂肪を減らすダイエット2

a1180_010788_m

内臓脂肪ダイエットをしたい人にとって大事なのは食事だけではありません。

 

適度な運動は、ダイエットには欠かせません。内臓脂肪を燃焼させる運動には、一体どういったものがあると言われているのでしょうか。

 

運動といってもさまざまなものがありますが、中でも内臓脂肪のダイエットに有効なのが有酸素運動です。有酸素運動は酸素を燃焼させエネルギーにしながら継続的にできる運動のことで、ジョギングやエアロビクス、自転車こぎなどです。

 

酸素を取り込みながら行う運動なので酸素が体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼してくれます。酸素をあまり取り入れずに激しい運動を行うと乳酸という物質がたまり疲れてしまいます。

 

有酸素運動の利点は、時間をかけて続けられることにあります。気軽に、誰でもできる有酸素運動に、ウォーキングがあります。

 

道具を揃える必要もなくジムなどに通うこともないので内臓脂肪ダイエットをしようと思い立ったらすぐに実行できます。生活習慣の中に組みいれることは難しくないですし、人の手を借りずに1人でできます。

 

通勤のときにエスカレーターを使わず階段を利用したり、地下鉄なら一駅分歩いたりするだけでもダイエットに効果があります。内臓脂肪ダイエットでは、歩き方をきちんとすることもよいといいます。

 

なるべく大股で背筋をのばし視線をまっすぐに腕は大きく振るように意識して歩くのがポイントです。

 

内臓脂肪のダイエット効果を上げるには、だんだんとウォーキングの運動量を増やしていきましょう。内臓脂肪をダイエットで燃焼させるためには、適度な有酸素運動を習慣化させることです。

内臓脂肪を減らすダイエット1

a1180_006521_m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康のために内臓脂肪を減らすダイエットをしたいと思っている人が多いようです。

 

食生活を改善することが、内臓脂肪ダイエットではまず手掛けたいことだといいます。基本的なことをふまえて自分のライフスタイルにあった方法で内臓脂肪ダイエットを実践しましょう。

 

人間の体は、空腹状態が長く続いた後に食事をすると、生き残るためにできるだけたくさんのカロリーを脂肪として蓄積しようとする性質があります。

 

内臓脂肪ダイエットをしたいのであれば朝昼夕しっかりと食べましょう。食事は塩分控えめにすることもポイントです。塩分をたくさん使用していると食事は箸が進みますので、つい食べ過ぎてしまいます。

 

血圧上昇の要因にもなり、健康にもよくありません。ランチでは仕方ありませんが、夕食はなるべくあっさりした定食を食べるとか、週に3日は和食にするなど献立を工夫しましょう。

 

一日単位で栄養量を確認するのではなく、1週間トータルで栄養やカロリーの摂取量を確認してください。ダイエットに適した食材には、野菜、海草、きのこなどがあります。

 

低カロリーでミネラルやビタミンがたっぷりで満腹度も高いので内臓脂肪ダイエットにぴったりの食材です。食材の中には、脂質が多いためにダイエット時には避けたほうがいいものもあります。

 

ロース肉やバラ肉は高カロリーなため、ヒレ肉を食べる人もいます。甘いものの摂りすぎにも要注意です。気分転換に時々食べるぐらいなら良いのですが、普段は糖分をあまり摂取しないようにしましょう。

 

食品の選び方や、調理の仕方などを覚えて内臓脂肪ダイエットに取り組みましょう。